10月20日(土)

連日、○○の紅葉が見ごろを迎えたとテレビが伝えている。やっと夏が終ったかと

思っていると駆け足で冬の便りが迫ってきている。鬼怒川温泉駅から「幸せの黄色いバス」に揺られて女夫渕へ、

そして、鬼怒川沿いの遊歩道を日光沢温泉へ。

あの荒れ狂った台風で倒された大きな木が無残な姿で。自然の力は凄まじい。

一方では山々を色とりどりに染め上げ、偉大な芸術家だ。秋色の中を日光沢温泉へ。

 

10月21日(日)

朝から雲一つない快晴の下、鬼怒沼湿原へ。草紅葉と青い空を映した大小の池塘。

そして、日光方面や尾瀬の山々。楽園とか天国とかはこのようなものを言うのだろうか。

とは言っても、いつでもここにいることはできない。

物見山から大清水への道は、地獄に落ちるような急な下りの連続で、大きな緊張を強いられましたが、

全員が無事に下界に戻れたことに感謝です。

 

千葉 秀一 / 船田 貴子

1.鬼怒川温泉駅

2.幸せの黄色いバスで女夫渕へ

3.黄葉・紅葉真っ盛り

4.いい湯でした (日光沢温泉)

5.うわ~ きれい!

6.♪ しらかば~ 青空~

7.鬼怒沼湿原

8.日光方面を望む

9.水面はキラキラ

10.とにかく、最高でした

<追加・写真>