信州の里山2座、約10年ぶりの復活企画。低山で行程は短いが滑落事故も起きている急峻な岩山です。 まずは子檀嶺岳、滑り易く、摑まる所が無い急な斜面をよじ登ると、別所の田園風景を見下ろす山頂へ。大法寺の三重の塔へプチ観光を済ませ宿泊地鹿教湯温泉へ。 2日目は独鈷山、急峻な宮沢コースから。早めに宿を出された関係で貸切の山頂で大休止。いつものツアーと違い、時間があるというのも難しいもので「早く下山しましょう」の声が・・・ 別所温泉で入浴後、無理とは承知の団体券を強引に、奇跡的に変更して、2時間早くの帰京となりました。… こまゆみだけ・とっこさん・かけゆおんせん解散まで読めないお客様も居た、難しい漢字の山旅でした。

宮沢行人

塩田平

刈り立て羊

子檀嶺岳山頂

車窓から独鈷山

上田電鉄

独鈷山山頂