今シーズン私にとって二回目のツアー

これだけ期間が空いたり、回数も少なかったり、又、加齢も進んだせいもありで

最初からポカの連続 皆様には色々ご迷惑をおかけしました。

1日目 妙高駅でお客さんと合流。

登山口に向う途中、車のフロントガラスに水滴がポツポツと

夕方まで持つはずじゃなかったの ちょっと早いんじゃない!

その不安は登山口に着くまでには解消、登山口では高曇りながら、妙高、火打、

明日の山 雨飾までみる事ができました。 登山口の車の数から山頂は混んでいる?

雨を覚悟で上山開始、しばらく行くと下山者がポツポツと

ほぼ予定通りの時間で登頂、山頂では思ったほどの混雑もなく、雨もなしで

めでたしめでたし おみせしたかった佐渡は・・・残念!

下山も予定通りの時間で んっ 今回のメンバーは甘くないぞ 不安は私自身

二日目 朝外に出て空をみるとくもり、昨夜あんな星空だったのに

宿のオヤジの話では午後三時頃までは大丈夫そうとの事、そんな言葉を信じて

出発、やはり私があえぎあえぎ・・・尾根に出るも紅葉にはちょっと早い

でも今年の冬は早いのではという人もあるので ひょっとしたら今が見頃という事になるかも

笹平で不用な荷物もデポし山頂へ 予想程ではないもののやはりこの時機

そこそこの混み、次から次へ登ってくる人達のタメ、又雨の心配もあり記念撮影が

済んだ所で早々の下山 笹平で荷物をピックアップしている所で雨がポツポツ

雨具をつけてもらう、正解でした、前に行った人達は雨が強くなった所で着用

しかし、すれ違いのできない所で(よくある事ですが)ここで10分位待たされる

その後20分位で雨はあがるものの、道は更に滑り易くなる ペースが落ちる

滑って尻や手をつくのはあたりまえ、転がった人もいたみたいで

我々は皆 無事に降りられた事に感謝です。

皆様のご努力、ご協力に改めて感謝申しあげます。 ありがとうございました。

 

太田 幸利 / 岡田

1.雨にあわず下山(米山)

2.紅葉は始まってはいるが バックは青海黒姫山

3.目差す雨飾山

4.頚域山塊

5.遠くに北アルプスを見る

6.雨飾山頂にて

7.荒菅沢にて昼食タイム

8.崩落した布団菱(フトンビシ)

9.崩落前のフトン菱と紅葉

10.サルナシ