1日目は午後発で戸隠の宿坊・極意に入り2日目に目的の高妻山へ。

とても由緒ある立派な建物で、食事も美味しいのだが、入るだけという行程上、静かな酒宴で2日目へ。

登山口で日の出の早立ちで、まずは牧場の中を進む。

最近、熊に襲われた恐怖から、仁王立ちで登山道にいる牛にビビりながら進む。

ジャコウソウやシラヒゲソウが迎える沢沿いを進むと、滑滝・帯岩と前半のハイライト。

稜線に出ると、ここからが長いアップダウンの繰返し、悪い天気予報の割には、遥か先に目的の尖った高妻山がかっこいい。

妙高連山・北アルプスも望め、紅葉も中々の色づき、楽しみながら歩けました。

段々長さを感じてくると、ようやく九勢至。ここから1時間は急登の連続ですが全員頑張って登頂。山頂からは当社2ツアーが登頂中の雨飾・妙高方面が、雨雲に覆われてる。と思ったら、直後に約20分雨に降られる。

久々空いている高妻を後に、長い道のり10時間半予定通り下山となりました。

宮沢行人・野中佑美