11月30日(金)

神戸市の西端・須磨公園から宝塚まで、全長53キロを3日に分けて踏破する。

眼下に神戸の街や大阪湾を望みながらの「楽しそうな」山歩きである。

ところが、いきなり「世の中、そんなに甘くない」と教えられることになる。

鉢伏山、旗振山などを踏んで今日は妙法寺駅まで。

12月1日(土)

昨日の妙法寺駅まで戻り、忠実に踏み跡をつなぐ。高さは1,000mにも満たないが、

急な登り下りの繰り返しでなかなかのものである。

今日は高取山や菊水山などを越えて麻耶山の先の杣谷峠まで。

麻耶山の掬星台からの眺めは素晴らしい。夜景も観てみたい。

12月2日(日)

杣谷峠からまた踏み跡をつなぐ。10時過ぎ、参加者全員が六甲山最高峰に立つ。

最高峰を越えれば、あとは下りという意識になってくる。

段々下がっていくと眼下に宝塚の街が展開されてくる。「♪ すみれ~の花」の気分で

「全縦」をしめくくることができ感謝いたします。

 

杉本秋之介・千葉秀一

1.ここから『全縦』は始る

2.とにかく階段はキツカッタ

3.おいしい水はこの山でつくられる

4.このスリルがたまらない

5.でも、気ーつけてよ

6.京都に来たみたい

7.立派な案内標識?

8.ジャングルに向かってるみたい

9.まさに燃える紅葉

10.我が道を?行く

11.ゴッホの世界

12.今日は頑張らなくちゃ

13.最高峰で~す