11月3日文化の日。

好転するお天気予報に期待しながら、午前9時に山梨県の塩山駅集合。

12名のお客様と、宮沢ガイドと当日デビューの新人添乗員とで、山梨100名山、小楢山の新ルート縦走しました。

出鼻からミスをしてしまいましたが何とか登山口へ辿りつきました。

登山口からは、山頂での絶景を楽しみに、防火林の間をゆっくり登山。

しかし、あいにく曇天のまま。

いよいよ小楢山の山頂標識が視界に入ってくるも、南側正面に大きな富士山のはずが、まさかの、え?どこにあるの??な白濁した感じ・・・なんとなく皆さんテンションあがらずに昼食タイム。

その先にも展望ポイントがあることをお伝えし、期待を先延ばしに。

途中2か所の鎖場では、雨上がりの岩場は足元をとらえにくく、難易度高く、スリルあり。宮沢ガイドのサポートに、お客様の安堵の表情も見られました。

またそこからアップダウンを繰り返し、いくつかのピークを乗り越え、ようやく、甲府盆地の先に富士山の頭だけが雲の間にぽちっと見えました。ここまで来て富士山の眺望抜きでは帰れない!

とりあえず、小楢山縦走の見どころを抑えたところで、あとは、落ち葉でしきつめられた、勾配ある見えない登山道をガンガン下りました。

ところどころ、ゴージャスに紅葉した”もみじ”が夕日に映え、降雪のあった南アルプスも遠くに見ることができました。

ここで、雲一つなく晴れてくるのか。。。。 歩行時間6時間、予定時刻、ジャストに下山。

皷川温泉にはコロナ感染対策都合で入浴はできませんでしたが、無事に日帰りツアーが終了しました。

ご参加のみなさま、お疲れさまでした!

 

 

宮沢行人 / 村川(記)